日本の世界遺産観光名所旅行記



名称: 金刀比羅宮
住所: 香川県仲多度郡琴平町892-1
TEL: 0877-75-2121

■金刀比羅宮(ことひらぐう)とは…
讃岐平野を望む象頭山に建ち、『こんぴらさん』という愛称で親しまれている大社。1368段の石段や、参道沿いのみやげもの店などが印象的。御本宮は1878(明治11年)年に改築され現在の形となった。
御祭神は大物主神(おおものぬしのかみ)と崇徳天皇(すとくてんのう)。大物主神は大国主神(おおくにぬしのかみ)の和魂神(にぎみたまのかみ)で農業殖産や漁業航海、医薬、技芸など、万物をつかさどることをたたえた神名のとおり、国や人々の平安を約束してくれる神様として全国の人々の厚い信仰を集めている。

■訪れてみて…
『こんぴらさん』という名は聞いたことがあったのだが、香川県にあるということを今回四国を訪れて初めて知った。近くなると駐車場の勧誘(?)が多くなるのだが出来るだけ近いところを狙って車を停めた。
駐車場からはすぐに参道となったので両側のみやげもの店や飲食店を見ながらスタートとなる。このみやげもの店などは石段の両側にず~っと連なっているので色々見ながら階段を上っていけるのが楽しい♪ まぁ最初のうちはそれでいいのだが、ちょっと上ればすぐ着くというものでもないので段々足が重くなってくる…。みやげもの店に杖が置いてあるのだが、下の方の店では100円で借りれたのがちょうどツライと感じ始めるあたりから200円に値上がりしていたのがちょっと笑えた。何となく杖を借りるのが悔しくなり自力で上ることにした。借りるなら下の店で借りるのがオススメだ。(確かめてはいないのだが、お店によっては買い物したら貸してくれるとかがあるかも。何も書いていない店などがあったので詳しくはわからないが…)
350段以上も上っていくと、大門が見えてきてちょっとだけ平坦な道になる。階段も上りやすくなるのでちょっと一息つける感じだ。歩いていくと『しあわせさん こんぴらさん』と書かれた黄色い幕が見えてくるのだが、それを見ただけで単純な私は「なんか幸せになった気がする♪」と思ってしまう(笑) 桜が咲き始めていたこともあり何ともほっこりした気持ちだ。満開の時期はかなりキレイだと思う。もし階段が不安な方は石段かごというのがあり、担ぎ手2人が担ぐかごに乗って登ることもできるので調べてみては。
御本宮は785段で着く。ここでは讃岐平野などを見渡せる展望台があったり、幸福の黄色いお守りをはじめとする授与品が購入できる。さらに登っていくと神社などがあるようだがすっかり満足してしまったので御本宮で参拝して降りることにした。ちなみに階段を登っている途中、長年の愛用品がなくなっていることに気が付きすっかり落ちた気分でいたのだが、御本宮で「どうかみつかりますように…」と願ったところ、車の中から無事みつかったのだ!ご利益大有り!!帰りの渋滞もちょうど良く回避できたしこんぴらさまさまだ~!
ちょっとしたことでも幸せを感じられた旅だった。     ― しあわせさん♪ こんぴらさん♪♪ ―

copyright(c) 日本の世界遺産&観光名所旅行記.  All Rights Reserved.