日本の世界遺産観光名所旅行記



名称: 桂浜・坂本龍馬像
住所: 高知県高知市浦戸
TEL: 088-823-9457
(高知市観光課)

■桂浜とは…
太平洋に面した浦戸地区に景勝地。月の名所として名高いこの場所はよさこい節にも唄われている。
一帯は桂浜公園として整備されており、桂浜水族館や土佐闘犬センター、坂本龍馬記念館など様々な見どころが公園内に建つ。
また、龍頭岬には和服姿にブーツを履いた、有名な龍馬像が太平洋を望んで立っている。

■訪れてみて…
まず驚いたのは訪れる観光客の数の多さである。休日ということもあったとは思うのだが、桂浜に行く道路は大渋滞!一向に進まない道路から、遠くに見えるこれから渡るであろう橋の上にずらりと並んでいる車の列を眺め、本当にこのペースで明るいうちに着くのか不安になった。夕方なら人も少なくなるだろうと思ってたのに甘かった・・・。恐るべし、龍馬ブームである。
1時間以上も渋滞に並び、さらに駐車場に入れずにまた並びという感じで、着いた時には辺りは薄暗くなり始めていた。
まずはお目当ての坂本龍馬像へ。台座も含めた高さは10m以上ということもあり、かなり大きく立派だ。
写真に収めたくてカメラをかまえたが、まわりは薄暗く龍馬像が高いということもあって、なかなかうまく写真が撮れない。ズームにしたり夜景モードにしたりと色々試してみたのだが残念な結果となってしまった(>_<) まわりの観光客も携帯電話やカメラで龍馬像を撮っていたのだがみんなはキレイに撮れたのだろうか??
龍馬像は高台(?)に立っているので桂浜へはかなり階段を下りることとなる。下の方に浜が見えたのだが暗くなってきたのであまり観光できないと思い、浜には下りずにちょうど7時まで閉館時間が延長していた坂本龍馬記念館に行くことにした。ここはまだ新しいのか建物自体がとてもきれいで、坂本龍馬関連の歴史資料のほかにも図書・ビデオコーナーや、海が見渡せるギャラリー、屋上展望などがあった。
ミュージアムショップもありオリジナルグッズなどを販売していたので、龍馬ファンは楽しめるのでは。

copyright(c) 日本の世界遺産&観光名所旅行記.  All Rights Reserved.